ABOUT

ガブリ図案は個人店や地域のためにデザインをします。

北海道新篠津村にある焼菓子店・焼菓子ガブリが運営しています。




menu

- ロゴ
- コピーライティング
- ショップカード・名刺
- チラシ・パンフレット
- パッケージ
- シール・ステッカー
- メニュー

- POP
- イラスト素材
- 看板
- 映像 
- 絵画 ・ 壁画 など


designer

松崎 修
焼菓子ガブリの販売・デザインを担当。
札幌市立大学デザイン学部卒業後、 札幌のデザイン会社を経て、
2017年から焼菓子の移動販売「菓子行商gaburi」を妻と開業。
2020年に「焼菓子ガブリ」として新篠津村に実店舗を構える。














ORDER


デザインをつくる方法はたくさんあります。


自分でつくる、絵が描ける友人にお願いする、

格安で制作できるウェブサービスを使う、


有名なデザイン事務所に依頼する……などなど。


そういった様々な選択肢を検討した上で、


「ガブリ図案のこの雰囲気が良い!」と思ってくださったら、


嬉しいです。ぜひ一度お話をお聞かせください。




︎ gaburizuan@gmail.com

︎ @gaburizuan



workflow


1 お問い合わせ
まずはメールやInstagramのダイレクトメッセージから
お気軽にお問い合わせください。
まだ仕事になるかどうかわからない段階でも大丈夫です。 

2 お打ち合わせ
お会いすることが可能な場合は直接お話を聞かせていただきます。
そもそも、なぜそのデザインが必要なのか、課題は何か、
どんなことができそうか、
一緒に考えましょう。
ビデオ通話でも可能です。

3 お見積もり
具体的に何をするのかが見えてきたらお見積書を提示いたします。
内容によっては概算の場合もございます。
そして、納品までの大体のスケジュールもご提案します。

4 ご契約
お見積もりを元にご検討ください。
予算のご希望に合わせて制作物の増減などの調整も可能です。
金額・スケジュールに合意いただければ、制作に入ります。

5 ご提案
要所要所でイメージに近づいているか、
途中経過をお見せしながらご提案していきます。
良いものを一緒に作っていきましょう。

6 納品
完成しましたら、データや印刷物など指定の形で納品いたします。
さらに、追加の制作物や改善できるものがありましたら
お聞かせください。今後も長いお付き合いができれば嬉しいです。


お引き受けできないお仕事
・コンペ形式
・納期が短い

・ガブリの雰囲気に合わない






【架空案件】中華食堂我不離

好きな中華料理屋がある。ビジネス街に古くからある店らしく、味はもちろんのこと、ビジネスマンの短い昼休憩に嬉しい素早い対応と、毎日通っても大丈夫な価格設定が人気の店で、お昼時はとても混み合っていた。僕がその店を気に入っていた理由のひとつは、ランチタイムのサービスである食後のコーヒーを出すタイミングが完璧なことだ。お気に入りのBランチの麻婆豆腐をレンゲであと3すくいすれば完食といったところで、店員のおばちゃんが音もなくスっと入ってきて、素っ気なく「ホット?アイス?」とだけ聞いてくる。僕はぽつりと「アイス」と答える。すぐさま麻婆を3すくいかきこんだ瞬間、店員が食べ終わった皿と引き換えにアイスコーヒーをぶっきらぼうに置く。麻婆の辛さでピリついた口の中にアイスコーヒーを流し込む。「まるでサウナの後の水風呂だ」ついつい心の中の井之頭五郎(孤独のグルメ)がつぶやいてしまう。店員のおばちゃんが素っ気なくても、多少机がベタベタしていたり、メニューがパリパリしていようが気にならない。こういった細かいこだわりを持っているお店が好きだ。

このロゴの発想はいたってシンプルにパンダが中華を食べているという、中華料理屋としては何の変哲もないものだが、これは逆説的に「お店自体が良ければ、そんなにロゴや外観に話題性やギャップはなくても大丈夫なんじゃない?」と、ふと思ったりした。インスタ映え(今や死語)を重視していたここ何年かの若者向け店づくりに対する問いかけだ。 結構外観は面白くて興味をそそられるけど、でも行ってみるとちょっと…な店もたまにあったりして 。(そもそも外観が微妙だったら興味も持てないのも事実なのだが…)いいお店ってなんだろう?

この架空案件シリーズは、実際の案件と区別できるように全てガブリをもじった店名にしている。この「我不離」を直訳してみると「私は離れない」となる。結局のところ、お客さんがずっと離れないお店が正解なんだろうなぁ。