ABOUT

ガブリ図案は個人店や地域のためにデザインをします。

北海道新篠津村にある焼菓子店・焼菓子ガブリが運営しています。




menu

- ロゴ
- コピーライティング
- ショップカード・名刺
- チラシ・パンフレット
- パッケージ
- シール・ステッカー
- メニュー

- POP
- イラスト素材
- 看板
- 映像 
- 絵画 ・ 壁画 など


designer

松崎 修
焼菓子ガブリの販売・デザインを担当。
札幌市立大学デザイン学部卒業後、 札幌のデザイン会社を経て、
2017年から焼菓子の移動販売「菓子行商gaburi」を妻と開業。
2020年に「焼菓子ガブリ」として新篠津村に実店舗を構える。














ORDER


デザインをつくる方法はたくさんあります。


自分でつくる、絵が描ける友人にお願いする、

格安で制作できるウェブサービスを使う、


有名なデザイン事務所に依頼する……などなど。


そういった様々な選択肢を検討した上で、


「ガブリ図案のこの雰囲気が良い!」と思ってくださったら、


嬉しいです。ぜひ一度お話をお聞かせください。




︎ gaburizuan@gmail.com

︎ @gaburizuan



workflow


1 お問い合わせ
まずはメールやInstagramのダイレクトメッセージから
お気軽にお問い合わせください。
まだ仕事になるかどうかわからない段階でも大丈夫です。 

2 お打ち合わせ
お会いすることが可能な場合は直接お話を聞かせていただきます。
そもそも、なぜそのデザインが必要なのか、課題は何か、
どんなことができそうか、
一緒に考えましょう。
ビデオ通話でも可能です。

3 お見積もり
具体的に何をするのかが見えてきたらお見積書を提示いたします。
内容によっては概算の場合もございます。
そして、納品までの大体のスケジュールもご提案します。

4 ご契約
お見積もりを元にご検討ください。
予算のご希望に合わせて制作物の増減などの調整も可能です。
金額・スケジュールに合意いただければ、制作に入ります。

5 ご提案
要所要所でイメージに近づいているか、
途中経過をお見せしながらご提案していきます。
良いものを一緒に作っていきましょう。

6 納品
完成しましたら、データや印刷物など指定の形で納品いたします。
さらに、追加の制作物や改善できるものがありましたら
お聞かせください。今後も長いお付き合いができれば嬉しいです。


お引き受けできないお仕事
・コンペ形式
・納期が短い

・ガブリの雰囲気に合わない






【架空案件】クラフトビール ガブリエール


クラフトビールや海外のビール集めにハマっている。出かけ先でスーパーに立ち寄った際には珍しいビールがないか確認する様にしている。日本の大手メーカーのビールとは違う多様な味を楽しむことが一番だが、何より瓶のラベルのデザインが興味深い。ビールのラベルは他のお酒に比べてレパートリーが豊富な気がする。力強い字体の感じだったり、各国の動物をシンボルにしたり、その産地の歴史や文化を感じさせるものが多い。それらの瓶を専用のビール棚に並べてうっとりする時間が好きだ。

ビールの歴史も興味深い。メソポタミアで人類が農耕生活をはじめた頃、放置してあった麦の粥に酵母が入り込み、自然に発酵したのが起源とされているらしい。粥を放置したのは、単なるおっちょこちょいか、計画的だったのか。個人的には、おっちょこちょいであって欲しい。

その後、中世ヨーロッパでは修道院を中心に広まった。大麦やエン麦のようなパンに向かない穀物を有効利用できる貴重な栄養源だった。また、この頃から結婚式やキリスト教の祝日にはビールを飲みながら歓談する宴会が催されており、人々の絆を深める役割を果たしていた。


こういう歴史も踏まえると、さらにビールをうっとりと見れる。「よくここまで来たな」とねぎらいの言葉をかけて、グラスにゆっくりと注ぐ。純白と黄金色の美しい対比を見つめながら喉を鳴らしてため息を漏らす。………と、そんな男の絵を描きました(とても長い前フリ)。この絵の時代は中世ヨーロッパとかでしょうか。醸造所で働くビール職人が「これはいい出来だ」とうっとりする絵。これを見たらビール好きは買わずにはいられない、そんなラベルを作りたい。もちろんこれは架空のラベルですが、いつか本当にビールのデザインができればいいなと思って、今夜もビール棚に手を伸ばす。