ABOUT


デザイナー 
松崎 修


焼菓子ガブリの販売・デザインを担当。
札幌市立大学デザイン学部卒業後、
2017年から焼菓子の移動販売「菓子行商gaburi」を夫婦で開業。
2020年に「焼菓子ガブリ」として新篠津村に実店舗を構える。






menu

- ロゴ
- ショップカード・名刺
- チラシ
- パンフレット
- パッケージ
- 店舗ツール各種
- イラスト制作
- 看板
- 絵画・壁画
- 映像
- 企画
- ネーミング
- コピーライティング
など ...

その他できそうであれば何でも














ORDER




1 お問い合わせ
このページの一番下にあるお問い合わせフォームから
ご依頼内容をできるだけ詳しくお聞かせください。
メールでご返信いたします。


2 お打ち合わせ
メールでのやり取りの後、対面で打ち合わせを行います。
遠方の場合はビデオ通話でも可能です。
そもそも、なぜそのデザインが必要なのか、課題は何か、
どんなことができそうか、一緒に考えましょう。


3 お見積もり
具体的に何をするのかが見えてきたら
お見積書を提示いたします。
内容によっては概算の場合もございます。

この段階でラフ・イメージ図などの実制作はできません。

4 ご契約
お見積もりを元にご検討ください。
予算のご希望に合わせて制作物の増減などの調整も可能です。
合意いただければ、制作に入ります。


5 ご提案
要所要所で途中経過をお見せしながらご提案していきます。
良いものを一緒に作っていきましょう。


6 納品・お支払い
データや印刷物など指定の形で納品いたします。
納品後にお支払いをお願いします。





できないお仕事…

× 納期がタイト
最低でも1〜2ヶ月はかかります。
他の仕事でスケジュールが埋まっている場合もありますので、
余裕をもってご相談いただけたら助かります。


× スペックワーク/コンペ形式
スペックワークとは対価がいただけるか不確定な状態で
請け負う仕事のことです。
事前に打ち合わせをして、制作内容を共有し、
お見積りをご提案して、お互い合意してから制作を開始します。
同様にコンペ形式のお仕事はできません。




料金の目安

どういうものをどれくらい作るのか、
会社・お店・プロジェクトの規模はどれくらいか、
さまざまな条件によって金額は案件ごとに異なり、
金額表を作ること、公開することは難しいのですが、
ひとつの目安として書いておきます。

◯万円から〜と、最低料金で書いていますが、
こちらに個別の条件が加算されて
最終的な金額になっていきます。

金額の面だけで言うと、個人の感覚的には
クラウドソーシングよりは高く、
大きなデザイン事務所よりは安いという感じかもしれません。



一例

・ロゴデザイン 10万〜

・チラシ 6万〜(A4両面)

・名刺/ショップカード 3万〜(両面)

・折りパンフレット 10万〜

・冊子パンフレット 1ページ4万〜
(イラスト制作費/原稿料/写真撮影費は別途)

・看板制作 8万〜(木製/50×50cm程)

・イラスト制作 お問い合わせください

・パッケージ制作 お問い合わせください


*税別
*印刷費/材料費別
*別途ディレクション費がかかることがあります。



もちろん、こちらに記載のないものも制作できます。
できないもの、不得意なものもありますが、
その場合は先にお伝えします。


詳しく条件を教えていただければ
正式にお見積りできますので、
まずはお問い合わせください。









「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」フライヤー




シェイクスピアの戯曲「ハムレット」の最後の最後で『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ…』のたった一行で片付けられた、憐れな脇役2人組のスピンオフ的な作品。物語の内容は、デンマークの王子・ハムレットがどうやら正気を失ったらしく、ハムレットの学生時代の友達だということでちょっと励ましてくれないかと国王に呼び寄せられた二人。国王の頼みはわかるけど、でもハムレット何か変でちょっと恐いし…。「ハムレット」の悲劇の物語が粛々と進む中、あーだこーだと喚きながら、どうしていいかわからずにうろちょろうろちょろ…。その具合が滑稽で笑ってみるが、でもこれは自分のような普通の人間の話だ。どんなに自分が主人公だと思っていても、他人にとっては所詮脇役で、たった一行で片付けられる人生なのだ。…ただ、あんな死に方だけは絶対に嫌だ。

そんな彼らに感情移入しながら戯曲を読んでいると、自然と二人の姿が浮かんできた。ちょっと表情が自信なさそうというか、下から覗いてくる感じ。気づいたら小指立っちゃう感じ。背景にはあくまでも舞台上ということで舞台セットを描き、劇中に出てくるアイテムも象徴的に散りばめた。

このチラシは札幌の劇団、木製ボイジャー14号さんの公演のチラシ。裏面は一度パソコン上で組んだが、カチッとし過ぎというか、自分のイメージする“ロゼギル感”(≒ 芋っぽい、B級感)と合っていなかったため、一文字ずつ手書きで描き直し、役者の顔も手書きで描くという前代未聞の仕上がりとなった。