ABOUT

ガブリ図案は個人店や地域のためにデザインを作ります。

北海道新篠津村にある焼菓子店・焼菓子ガブリが運営しています。




menu

- ロゴ
- ショップカード・名刺
- チラシ・パンフレット
- パッケージ
- シール・ステッカー
- メニュー

- POP
- イラスト素材
- 看板
- 絵画 ・ 壁画 など ...

その他できそうであれば何でも


designer

松崎 修
焼菓子ガブリの販売・デザインを担当。
札幌市立大学デザイン学部卒業後、
2017年から焼菓子の移動販売「菓子行商gaburi」を夫婦で開業。
2020年に「焼菓子ガブリ」として新篠津村に実店舗を構える。














ORDER


デザインをつくる方法はたくさんあります。


自分でつくる、絵が描ける友人にお願いする、

格安で制作できるウェブサービスを使う、


地域のデザイン事務所に依頼する……などなど。


そういった様々な選択肢を検討した上で、


「ガブリ図案のこの雰囲気が良い!」と思ってくださったら、


嬉しいです。ぜひ一度お話をお聞かせください。




︎ gaburizuan@gmail.com

︎ @gaburizuan



workflow


1 お問い合わせ
まずはメールやInstagramのダイレクトメッセージから
お気軽にお問い合わせください。

2 お打ち合わせ
お会いすることが可能な場合は直接お話を聞かせていただきます。
そもそも、なぜそのデザインが必要なのか、課題は何か、
どんなことができそうか、
一緒に考えましょう。
ビデオ通話でも可能です。

3 お見積もり
具体的に何をするのかが見えてきたらお見積書を提示いたします。
内容によっては概算の場合もございます。
そして、納品までの大体のスケジュールもご提案します。

4 ご契約
お見積もりを元にご検討ください。
予算のご希望に合わせて制作物の増減などの調整も可能です。
金額・スケジュールに合意いただければ、制作に入ります。

5 ご提案
要所要所でイメージに近づいているか、
途中経過をお見せしながらご提案していきます。
良いものを一緒に作っていきましょう。

6 納品
完成しましたら、データや印刷物など指定の形で納品いたします。
さらに、追加の制作物や改善できるものがありましたら
お聞かせください。今後も長いお付き合いができれば嬉しいです。




おそらくできないお仕事…

・納期がタイト
・コンペ形式
・実際にやるかどうかまだわからないもの
・ガブリの雰囲気になんとなく似合わなそう







オンライン劇場 札幌シェアター









ステイホームが叫ばれ、多くの舞台芸術が活動を止める中、その劇場はひっそりと生まれた。場所はオンライン上にあって、それぞれの家から、どこからでも入場することができる。オンライン演劇…もしコロナ前に聞いていたら「そんなの演劇じゃないよ」と眉をひそめたのかもしれない。ただ、演劇というのは、「誰かと誰かが出会う。それを観ている観客がいる」これだけで成り立つ。(ピーター・ブルック著「何もない空間」)舞台装置や立派な照明・音響設備などなくても、ただ何もない空間があれば演劇は成立する。それが例え、オンラインのZOOMの画面であっても。


このロゴは、オンライン状態を表すのによく使われるグリーンと、ディスプレイと舞台照明の光をイメージしたイエローの二色で構成されている。斜めで太く力強く、PCで作られた直線ではなく、舞台らしい生の温かみを感じる手描きの線の感じを表現した。

僕もかつて大学生の頃、演劇に全てを捧げていた。だから、舞台は密なので家でじっとしてろとなったら、何を糧にして生きていけばいいのか途方に暮れただろう。この劇場が、そんないつかの演劇青年の薄暗い部屋を照らす一筋の光となってほしい。

︎札幌シェアター Twitter